駅前の賃貸物件は利便性が高いが、賃料も高く継続して暮らしにくい。郊外の物件も視野に入れるようにしたい。

住まい事情 一人暮らしでかかる家賃はどれくらい?

郊外の賃貸物件でゆとりのある生活

住まい事情 一人暮らしでかかる家賃はどれくらい?
賃貸で生活をするのなら、あらゆることに妥協をしないというのではなく、どこか譲るべき項目を作るべきです。すべての条件を満たすような物件が仮にあったとしても、それは入居が脱図かしいくらいの賃料になってしまうことが多いでしょう。賃料は毎月発生しますから、継続して支払えるようにしなければなりません。

仕事をしているのなら通勤のためにも交通に至便な駅前の立地などを選びがちです。すぐに電車に乗れますし、買い物を済ませたり食事や銀行など用事も近場ですることができます。しかし駅前は地価が高いだけに、物件の賃料も自然と高くなりがちです。利便性はかなり高いといえますが、そのために高い賃料を支払うことは一度考えるべきことになるでしょう。

借りに不便にならない程度の郊外の物件を探した場合、より賃料を抑えることができます。月に1万円安いとすると、年間で12万円ですから、無視のできない金額だといえるでしょう。郊外のほうが閑静ですし、公園があったり、緑が豊富であるというように生活にゆとりを感じることもあります。もちろんあまり郊外の物件になると、駅までの距離が遠くなりすぎて、通勤などにも影響が出てしまいます。適度な距離で多少の我慢のできる程度の物件を探すことも考えてみるとよいでしょう。賃料は毎月発生しますし、そのことが負担に感じることもあります。生活の負担にならない程度に抑えるようにすることが何よりもたいせつになってくることでしょう。

お薦めサイト

Copyright (C)2017住まい事情 一人暮らしでかかる家賃はどれくらい?.All rights reserved.