築年数の古いマンションで起こった賃貸トラブルの経験。入居時の設備面の確認の重要性を書いています。

住まい事情 一人暮らしでかかる家賃はどれくらい?

築35年マンション賃貸トラブル

住まい事情 一人暮らしでかかる家賃はどれくらい?
その物件は築35年鉄筋コンクリート造マンション。周辺の相場に比べると破格の家賃。まだお金のない新婚の私にはピッタリ。当時は「リノベーション」などという言葉を聞き始めたぐらいのときだったのですが、その部屋は築35年前を思わせる古い設備のままでした。「不便そうだけれど、許容範囲。古くても使えるなら大丈夫だろう。」と思って甘くみていました。

実際住み始めると、コンスタントに小さな不具合が発生。何かあるそのたび家主に報告し、しぶしぶ修理してもらうという状態でしたが、あるときついに、浴室の床のひび割れが原因の階下への水漏れが発生。浴室を全面改装することになりました。家主から、階下への弁償代の一部を負担するように言われ、家賃もUPされてしまいました。無知だった私は、言われるまま支払ってしまいました。このマンションでは結露もひどく、それによって生じるクロスのカビにも悩まされました。私たち家族はカビの胞子をもう一生分吸いこんでます・・。退去時、現状回復費としてウン十万円請求されたときには、さすがにキレました。賃貸トラブルについての本、法律相談などで情報を集め、一切の支払いを拒否しました。

言うまでもないことかもしれませんが、築年数の古い物件は、設備の状態などしっかり確認して借りないといけません。実際住んでみないとわからないところもあるのですが・・。結局そのマンションにはなんだかんだと長く住んで、支払った家賃の総額はその部屋を購入できるほどになってしまい、後から考えるとバカバカしい気がしています。

お薦めサイト

Copyright (C)2017住まい事情 一人暮らしでかかる家賃はどれくらい?.All rights reserved.